40歳からはじめるブログ。

子なし同級生夫婦。ダイエット・節約。挫折の毎日をのんびり更新☆

求人情報がネット化したって

私の20代はまだ求人といえば、新聞に挟まっている求人広告や求人雑誌でした。

 

いまではもうネット掲載が主流です。

 

今回の転職の際は私も利用させてもらいました。

 

便利なのは、やはり24時間いつでも詳細を閲覧できること。

 

主に通勤時間と休憩時間に閲覧してました。

 

そして気になった企業があれば、すぐに検索して会社概要や所在地もゆっくり調べられます。

 

求人媒体もたくさんあって、なかには面接日時までネット上で予約する会社もあり驚きました。

 

ネットから「応募する」をクリックした後にメールが届き、内容は面接日時を選択してくださいとの事。

 

いちども相手方と話さず、書類審査もなく面接日時まで決めるって正直ちょっと…と思いました。

 

実際その会社へは面接には行かず前日にお断りの電話をかけたところ担当者への取り次ぎがとても手間取っていて引きました。

 

内線がうまく取れないのか、何度も『お待ちください』と言われ

やっと出たと思ったら要件聞いてなくて。

 

内心「大丈夫?この会社?…」て思いました。

 

面接日時までサクサク決められた割にはなんだかなー、てゆう会社でした。

 

ネットから「応募する」はとても便利なのですがなんの返事もこない会社はもう謎です。

 

サクラならば仕方ないですけど。

 

なんの反応もないので(あとあと連絡がきても困るので)直接会社へ電話をかけたところ…

 

これは完全に引きましたけど。
(電話でも受付してますとの記載があったので直接かけたのですが)

 

『担当者でないと分からなくて、担当者は一日中忙しくて…』ナニソレʕʘ‿ʘʔ

 

私の名前も連絡先も一切聞く事なく、保留にすることもなく終了しました。

 

この子が勝手にその場しのぎで対応してるのか、この会社の指導なのか。

 

電話口の対応を聞いた時点で相当ヤバイよ、て思いました。

 

せめて近くにいる人に聞けば良いのにおそらく聞ける環境でないんだな、と察しました。

 

ネットから閲覧する会社情報も参考になりますが実際電話をかけて電話口の対応を聞いた方がよっぽどその会社が分かると思いました。

 

少なくとも、私は今までそんな電話対応した事ないので良し悪しは判断できると思います。

 

本社経由や全く別部署が電話口に出ると対応が良くない場合もあるとは思いますが、事務を経験しているとそれなりの風景は浮かんできてしまいます。

 

そうは言っても、入社したら全く違う場合もありますが(−_−;)

 

今回の転職活動で感じたお話でした!
(上から目線ですみません!)

 

最近毎日飲んでる「ほうじ茶」
ホッとできます。
お風呂上がりも熱々を飲んでます。

 

f:id:aki_story:20190210103803j:image


しかし歯への着色が気になります。
どーにかなりませんかね。