40歳からはじめるブログ。

子なし同級生夫婦。ダイエット・節約。挫折の毎日をのんびり更新☆

浮き彫りになる現実

残り数日で2020.4月が終わりますね。


オリンピックで


盛り上がっていたであろう日本。


もはやそんな次元ではない2020年ですね。


コロナなくして語れない年になりそうです。

 


さて、そんななか今週も飽きる事なく


月曜から肉じゃがを作りました。


▼今回も味濃い目

f:id:aki_story:20200429160625j:image


豚バラで油ギトギトタイプ^^;


いいおかずになります。

 


家にいる事が多いから全部食べちゃった。


自炊も段々と飽きてきたなあ。

 


自粛生活でなければ


旅行とか飲み会とか、、予定あったのに。

 


気が紛れる事がなくてしんどいですね。

 


私の場合ね、


なんだかな〜最近みにおくんに対しての


ラブが欠けている( ̄▽ ̄;)

 


結局のとこ


「私達ってこの先どうなるの」


この言葉が頭の中をグルグルぐるぐる。

 


同棲始めた頃は


「もーいつか結婚できれば良いか!」

 


くらいの気持ちの余裕があったんですが

 


時間が経つにつれ

 


ずーーっとこのまま、なのかなぁ。

 


母に紹介もできず
ずーーっとこの状態??、て。

 


今に始まったことではないんです。

 


付き合って暫くしてから


「結婚」は頭から離れないテーマ。

 


ただ現実的に無理そうで


結婚できないから別れる、の選択肢を

 


選べずにいまの状況です。

 


今まで自分の中で


騙し騙し過ごしてきたのも分かってます。

 


その騙し騙しは


平日夜に飲みに行ったり


休日に出かけたり


旅行の計画を立てたり


そういう「楽しいこと」を過ごして


なんとか自分の中で


折り合いをつけてきたと思うんです。

 


「彼といれば結婚していなくても


楽しいからいいの!」的な、ね。

 


そして今、


それらが実行できない今。

 


なんだか、なー


みにおオンリーの毎日。

 


また、私の考えたくない二人の将来とか


それについて彼はどう思ってるんだろう


とか。

 


そんな思いが頭を巡って


結果みにおくんにイラつく私。

 


イラつくのが嫌だから


先に寝たり


テレビに集中してるフリ。

 


あまり会話をしたくない。


会話の中で


今までは聞き流せた事が


そうもいかなくなっていて…

 


無駄にケンカしたくないし


この狭い空間で


ケンカはもうウンザリです(ー ー;)

 


みにおくんも気付いてるとは思うけど


こんな毎日ですからね、

 


特に深追いしてこないですが。

 


いま答えを出すとか


時期が時期なだけに
そんなつもりは毛頭ないけれど


この不安と不満は


募っていくばかりです。

 


段々とね


何の為に結婚するんだろー、て思う

 


「結婚」することに意味をつけようとすると


ポジティブになれない。

 


結婚は勢い、て分かるなー


歳をとるにつれ


行動する前に考えちゃうやつ。

 


私自身、結婚したい理由なんて


ハッキリスッキリ簡単に言えば

 


「独身が嫌だから」です。

 


どーしても女の独身は負け組。


(この考えには賛否あると思うけど)

 


シンプルに認めたらやっぱり負けなのよ。

 


て、結婚に理由が必要ならそうなる。

 


私の場合は(-_-;)

 


つまり世間体。


結婚して安心したい


二人の関係性を後ろめたく感じるのが嫌


などなど


ひとつもトキメキワードは出てこない。

 


それがなんだーー


いーじゃないかーー!結婚したいんだ!

 


みにおくんはいつだって


結婚できない理由をたくさん持ってる


ひとつずつ潰していっても


アレもこれもと出してくる


私には


結婚したくない・する気がない


そう聞こえます。


結婚できないなら別れる。


それで結婚されても嬉しくないし。

 


私いつまで待てるか、


無責任に思える彼といつまで付き合えるかな


一人でも生活できるように


ちゃんとしよう、て改めて思いました。


同棲始めてから


気持ちがユルユルでダメ女だった


しっかりしよう

 

▼家にいると食べてばかりー。


水菜パスタ

f:id:aki_story:20200429160642j:image


つけ麺

f:id:aki_story:20200429160651j:image


麺ばかり食べてしまいます。