40歳からはじめるブログ。

子なし同級生夫婦。ダイエット・節約。挫折の毎日をのんびり更新☆

おすすめの映画

1ヶ月近く仕事を休んで復帰するのは

 

転職した訳ではないですが、、

 


初日のような緊張感_φ(・_・ドキドキ。

 


同期に連絡したら、

 


「最近またヒマだよー。

 


リハビリには丁度いいかもよ」て。

 


しばらくは緊張と記憶を取り戻すことで

 


精一杯だろうなー( ̄▽ ̄;)ハラハラ

 


自分勝手に休んだ罰だな。

 


1年前、2年前のブログを読み返したら

 


「大変だなー、嫌だなー、しんどいなぁ」て

 


言いながらも頑張って働いてます。

 


私、頑張ってるじゃん。

 


(いまの)私も頑張ろう。

 


まさか過去の自分に励まされるなんて。

 


みにおくんには、

 


しばらくピリピリするから宣言しときました。

 

 

このお休み中、せっかく時間があったのに

 


結局、何もしなかった(◞‸◟)

 


でも、
ストレスフリーで過ごせました。

 


そりゃ、そうだ。

 


そろそろ仕事が始まる、て思った途端いろいろやり始める始末。

 


そういえば今までの連休も

 


あれしよう、これしようなんて予定立てても

 


なっかなかエンジンがかからない。

 


働きながらある程度時間に縛られてる方が

 


やっちゃおう!てなるのかも。しれない。

 


そう考えると、

 


私にとって「仕事」はお金以外にも

 


必要なのかもー(΄◉◞౪◟◉`)ハァ。。

 


みにおくんもいるし、

 


甘えながらゆるく生きていこう。

 


あと、働いた方がお酒が美味しいです!

 


また復帰したら、

 


グチグチ言いながら働きます。

 


人生そんなもんですよね。

 


働かないで暮らせるなんて私には分不相応。

 


身の丈にあった生活をします!

 


おすすめの映画。『鍵泥棒のメソッド

f:id:aki_story:20210515162214j:image

 


ここ何年かでめちゃめちゃヒットでした!!

 


良すぎて内容が書けない!

 


香川照之も良いし、堺雅人広末涼子も!

 


有名なのかな?私は全然知らなくて。

 


香川照之の演技やっぱり好きだしカッコいい。

 


堺雅人が東京03を好きなの分かる。笑

 


良い映画を見れました!!

 

 

この他にも、

 

このお休み中に普段は見ない映画も見れて良い刺激になりました。

 


映画と小説がなんとなく似ていたのでご紹介。

 


人魚の眠る家東野圭吾

f:id:aki_story:20210517110948j:image

 


『あの日、君は何をした』まさきとしか

f:id:aki_story:20210517110959j:image

 


ストーリーは全く異なりますが

 


家族を突然失ったときの母親の描写が

 


綺麗事では片付けられない、深くて複雑で

 


自分を見失ってしまうほどの悲しみ。

 


ふたつともそう感じる作品でした。

 


東野圭吾作品は小説も映画も多くて

 


いくつも見ていますが

 


この方の

 

善悪で決められないストーリー展開に

 


いつも涙します。

 


祈りの幕が下りる時

f:id:aki_story:20210517111056j:image

 


この映画も(ちょっと無理があったような気がしないでもないけど)

 


悪いことをしたけど

 


そこにはせざるを得ないような

 

 

悲しい物語がそれぞれにあって、、みたいな。

 


人魚の眠る家』は見始めは家族の絆感動ストーリーか?て思って

 


途中でやめたくらいだったのですが

 


このところ見放題だから、て途中挫折癖がついてしまっていて

 


最後まで見ないのは失礼だよな、て思い。

 


見て良かった!途中から引きこまれました。

 


そして涙が止まらなかったです。

 


東野圭吾、てすごいなー、て思っちゃった。

 


そして本屋さんで

 


たまには新規で買ってみようと

 


まったく知らない方の本を手にとりました。

 

『あの日、君は何をした』


うんうん。良かったです。

 


読んでいてなんとなく東野圭吾っぽいというか

 


なかなか深くて描写が丁寧で

 


ストーリーもしっかりしていて良かった。

 


法律や罰則はその出来事(事件•事故)に対して

 


有罪、無罪や量刑を決めるけど

 


それはその罪に対して刑に服すもの。

 


でもその出来事にいたるまでの複雑で

 


悲しくて

 

人間だからこその想いや激情。

 


その部分がどの作品も伝わってきて

 


胸が締め付けられる、というか

 


愛があってこその悲劇というか。

 


そういう意味でとても面白い映画と小説でした!