40歳からはじめるブログ。

子なし同級生夫婦。ダイエット・節約。挫折の毎日をのんびり更新☆

私にできること

アメちゃん我が家三日目。仕事を終えたらそのまま実家へ。ケージの中でうずくまったままのアメちゃん。なんだかとっても心配。

ひとまず夕飯とシャワーのためにアパートへ帰宅する。夫とご飯を済ませたら車で実家へ。この日は泊まることにしました。


夜9時過ぎ母が自室へいったあと、ご飯を並べてリビングの灯りを消して私は隣の部屋へ。

f:id:aki_story:20220310165506j:image


することもないので領収書貼り。領収書貼りをしながらiPadYouTube視聴。
サンシャイン池崎の保護猫お世話を参考までに見ながら貼り貼り。


しばらくしてからケージをみると、ご飯がなくなってる!!感激っ!
アメちゃんお腹すいてたんだなぁ。そりゃそうですよね(*^^*)良かった〜。


夜寝る時に、か細い高い声で鳴いてました。ついつい心配で見に行ってしまう。
夜中1時ごろ、物音がしたので行ってみるとケージの扉が開いている。アメちゃんの姿がない。
「あちゃ!ケージちゃんと閉めれてなかったんだー」


でもこの部屋に居るのは間違いないので探してみると、テレビの裏に隠れてました。ホッと胸を撫で下ろし、リビングが冷えていたので暖めるためにストーブをつける。
火の元も心配なのでソファで寝たふり。アメちゃんの真夜中の探検が始まりました。


私の存在を気にしながらあっちへ行ったりそっちへ行ったり。常に私の方を気にしながらスルスルと移動してました。
結局夜中の2時から4時までそんな感じで。ほんとは危ないからケージに入れたかったのですが捕まえられそうにもないのでそのまま。
しばらくすると私も限界。ウトウト眠りについてしまいました。気がつくと朝の5時。


アメちゃ〜〜ん?と探すも姿なく。本棚の引き出しの下の隙間を見ても居ない。暗いので懐中電灯登場。暗がりの隙間をくまなく探索。


居ました。キッチンの棚の裏に。まったく手を伸ばせる隙間も体を入れられる隙間もなく、手前の棚をどかしてやっとアメちゃん登場。


でも当然ながら、ダッシュで逃亡。すると、再び本棚の引き出し下の薄い隙間に入り込む。狭すぎてすごく心配(´;ω;`)仕方なく、母を起こしてアメちゃんを救出。そのままケージへ戻したかったけど暴れまくってそのまま逃亡。手のひら引っ掻かれました。初めての傷だわ。もうすでに親バカ始まってます。


ひとまずまだ早朝だったのでこれ以上追い詰めるのはやめにして、逃げられると困る本棚の引き出し下だけ入り込めないように塞ぎました。


母には「全然寝てないから7時まで寝る」と言って解散。アメちゃんはそのあとも窓から見える外に向かって切ない鳴き声。胸が痛むけど外の世界より慣れればココは都になるよ、て思いながら眠りにつきました。

 

私にできることは何かなあ( ;∀;)